19年1~9月の中国繊維品輸出/香港大幅減、米国4.4%減/上位8カ国・地域向け下落

2019年11月18日(Mon曜日) 午後1時9分

 【上海支局】中国海関総署の貿易速報を基に中国紡織品進出口商会がまとめた、紡織品と衣類を合わせた中国繊維品の2019年1~9月国・地域別輸出額は、上位10カ国・地域のうち、韓国(7位)とフィリピン(10位)を除く8カ国・地域で前年同期を下回った。下落幅は19年1~6月に比べ、大部分の国・地域で拡大した。

 「逃亡犯条例」の改定案をきっかけとした政府への抗議デモが続く香港は、26・5%減った(19年1~6月は22・5%減)。

 米中貿易摩擦の影響が拡大する米国向けは、4・4%減だった。落ち込み幅は19年1~6月に比べ2・8ポイント拡大した。19年2月と4月に前年同月を大幅に割り込んだが、5、6月の駆け込み輸出で1~6月は1・6%の下落幅にとどまっていた。9月1日に米国が関税上乗せ第4弾を発動したことから、今後下げ幅が拡大する可能性が高い。

 ASEAN地域向けは、中国からの縫製を中心とした生産移管を背景に、ここ数年伸び率が加速していたが、19年1~9月はほぼ横ばいとなった。最大のベトナム向けは6・8%減った。