アパレル総合20春夏 ~最新トレンドと傾向~

2019年11月26日(Tue曜日)

 消費増税はアパレルの紳士服、婦人服の10月の売上高に影響を与えた。反動減もあるが、紳士スーツはそれ以前からビジネスシーンでのスーツ需要が徐々に低下しており、セットアップやパターンオーダーにシフトしている。婦人服はこれまでのスポーツ要素が減り、20春夏はエレガント志向が強まっている。百貨店での来店客数が減少する中で、フリー客をいかに獲得するかに力を注ぐ。その一方で紳士、婦人とも機能化やサステイナブル(持続可能な)素材の使用が増えてきた。