東莞スマート倉庫が稼働/中国・京東物流

2019年12月25日(Wed曜日) 午前11時59分

 インターネット通販大手、京東(北京市、JD.com)の物流子会社、京東物流集団が広東省東莞市に整備したスマート倉庫が18日に稼働した。1日160万件のネット通販の受注を処理する。「新華社電」が19日伝えた。

 京東物流が中国国内に整備した25カ所目のスマート物流拠点となる。建設面積は約50万平方㍍で、立体収納によって同時に2千万点の商品を保管。スタッカークレーンやソーター・仕分け設備によってピッキングされた荷物を全国各地の物流センターに配送する。

 京東物流は、この大型倉庫の稼働により商品の発送効率が底上げされ、ネット通販商品を注文受領から半日以内に配送できる華南エリアのカバーエリアが大きく拡大されると説明した。

〔NNA〕