アダストリア「ニコアンド上海」/連日3万人が来店

2020年01月07日(Tue曜日) 午後5時8分

 アダストリアが中国・上海に開設したグローバル旗艦店「ニコアンド上海」の集客が好調に推移している。昨年12月21日のオープン以降、連日約3万人が来店。ブランド初となるフードコート型レストラン「ホール775」も集客に貢献し、連日1千人を超える消費者が飲食を楽しんでいると言う。

 ライフスタイルブランド「ニコアンド」の世界観を訴求する大型店(3フロア構成・計2600平方メートル)として開設。上海限定のブランドロゴパーカはオープン初日販売分の千枚が完売し、日本に先駆けて先行販売した津森千里デザイナーとのコラボレーション商品も人気になっている。

 今後は上海のアーティストとコラボレーションしたアイテムの展開も予定し、ローカルMDを強化する。同社では「上海のニーズに沿った商品を投入したい」としている。フードコート型レストランでも入店を待つ消費者が行列を作っている。