合繊 海外販売をさらに拡大

2020年01月14日(Tue曜日)

 「繊維は世界的に成長産業」と言われる。国内市場の縮小均衡が続く中で海外に目を向ける繊維企業は多い。中でも合繊メーカーは既に海外販売の比率が非常に高い。海外生産拠点を持つこともあるが、日本からの輸出も含めた海外販売比率が80%に達する事業もある。内需型産業と言われてきた不織布も海外生産はもちろん、輸出を増やしている。