19年の中国繊維品輸出/3年ぶりに前年割る/米中摩擦、市況悪化重荷に

2020年01月17日(Fri曜日) 午前11時33分

 【上海支局】中国海関総署がこのほど発表した貿易速報によると、紡織品と衣類を合わせた2019年の中国繊維品輸出は、前年に比べ1・9%減の2715・7億ドルだった。16年以来3年ぶりに前年を割った。米中貿易摩擦により米国向けが減ったことや、世界的にアパレル市況が振るわなかったことが重荷になった。

 紡織品は0・9%増の1202・0億ドルで辛うじて前年を上回り、2年連続で過去最高を更新した。

 衣類は1513・7億元で、4・0%減った。18年は14年以来4年ぶりに前年を上回ったが、再び前年割れとなった。

〈12月はともに伸長〉

 19年12月単月の繊維品輸出は、前年同月に比べ8・0%増の249・5億ドルだった。

 紡織品は110・1億ドル、衣類は139・5億ドルで、それぞれ11・4%、5・4%増えた。