19年の中国貿易/輸入は3年ぶり前年割れ/輸出は微増

2020年01月17日(Fri曜日) 午前11時35分

 【上海支局】中国海関総署がこのほど発表した貿易速報によると、2019年は、輸出が前年に比べ0・5%増の2兆4984・1億ドルとなった。伸び率は18年(9・9%)から大幅に縮小した。輸入は2・8%減の2兆768・9億ドルとなり、16年以来3年ぶりに前年を下回った。

 この結果、輸出入総額は1・0%減の4兆5753・0億ドルで、貿易収支は4215・1億ドルの黒字となった。

 19年12月単月の輸出総額は2376・5億ドル(前年同月比7・6%増)、輸入総額は1908・5億ドル(16・3%増)だった。輸出入総額は11・3%増の4285・0億ドル、貿易収支は467・9億ドルの黒字。

〈対米輸出は12・5%減〉

 米中貿易摩擦の影響を受ける米国向けの19年輸出は、4185・1億ドルで12・5%減った。輸入は1227・1億ドルで20・9%減となった。ともに下げ幅が過去最大となった。

 19年12月単月の米国向け輸出総額は344・1億ドルで、前年同月に比べ14・5%減。輸入総額は112・3億ドルで、7・3%減った。