メーカー別 繊維ニュース

往来

2020年02月12日(Wed曜日) 午前11時45分

 「アングルは『BVD』と比べると電話受注がかなり有効」と話すのは富士紡ホールディングスの藤岡敏文常務執行役員繊維事業統括。製品事業はフジボウアパレルのBVD、アングルの「エアメリー」「アサメリー」ともに主力販路である量販店や百貨店の衣料品売り場縮小の影響を大きく受けていることから、新チャネルでの販売を強化してきた。ネット通販が拡大するBVDに対して、アングルの製品は電話受注も多い。「アングルの愛好者は高齢層が多いのでインターネットよりも電話の方が好まれる」。ハイテクとローテクを織り交ぜながら販路開拓を進める。