日本向け縫製工場 10日に一部再稼働

2020年02月13日(Thu曜日)

日本向けを手掛ける中国の縫製工場の一部が、10日から再稼働した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策で人の移動が規制され、生地供給も不足する中、手探りの再開となっている。工場が新型肺炎の感染者を出した場合のペナルティーを設ける地方政府もあり、慎重な運営が求められている。