タイ・アンダーアーマー/地方重視で3割増収へ

2020年03月09日(Mon曜日) 午後4時17分

 米スポーツ用品大手アンダーアーマーの製造・販売を手掛けるUAスポーツ(タイランド)は今年、地方の観光都市に販路を拡充して前年比30%以上の増収を目指す。「プーチャッカーン」が報じた。

 南部プーケットのセントラル百貨店と東北部1カ所にブランドハウス、バンコクのザ・モール百貨店ガムウォンワン店にカウンターを増設するほか、商業施設運営サイアム・ピワットのアウトレットモール「サイアム・プレミアム・アウトレッツ・バンコク」にも出店する計画。マーケティング予算は5千万¥文字(G0-AC8A)。従来以上に地方都市を重視し、昨年に続く大幅増収を目指す。

 アンダーアーマーは現在、タイのスポーツウエア市場でトップ3のブランドとなっている。従来はタイの販売価格がシンガポールより25%ほど高かったが、現在は同水準か高くても10%以下だという。

 UAスポーツは2019年、北部チェンマイのセントラル百貨店とバンコク西部のセントラル・プラザ・ピンクラオにアンダーアーマーのブランドハウスを、ザ・モール百貨店バンケー店にカウンターを増設した。

〔NNA〕