メーカー別 繊維ニュース

オンワード樫山「組曲プリエ」/岡本順、花井悠希両デザイナーと協業/セレモニー軸に汎用ドレス

2020年03月23日(Mon曜日) 午前11時10分

 オンワード樫山は、婦人ブランド「組曲」のドレスライン「組曲プリエ」で、ファッションデザイナーの岡本順、花井悠希両氏と協業したアイテムを投入する。両デザイナーが得意とする繊細なプリントやレースを駆使した商品群で、4月上旬から店頭に並ぶ。セレモニー用を軸に、オン・オフで着用できる汎用性の高いアイテムに仕上げた。

 岡本デザイナーは、レイヤードスタイルをベースに、無地シフォンとプリントの重ねやオーバースカートの合わせ方で変化を楽しめるドレス2型をデザインした。プリントはアンティーク風に仕上げた壁紙柄で、同ブランドのオリジナル柄になっている。

 一方の花井デザイナーは、サイドに音符風の柄をあしらったチュールドレスとトップスにレースを配したセットアップを提案。ドレスは、音符の重なりを想起させるドット柄チュールを採用し、春らしい上品なデザインになっている。

 岡本デザイナーは、ファッションブランド「ジュンオカモト」を2005年にスタートし、詩的で繊細な情景を服に落とし込むクリエーションを展開。その後、東京コレクションでショーを実施し、ビジネスの基盤を固めている。また、直営店を東京と熊本に出店している。

 花井デザイナーは、19年春夏シーズンにファッションブランド「パノルモ」を立ち上げ、セレモニー対応を意識したドレスやセットアップといった商品に定評がある。人気バイオリニストとしても活動し、10年にCDデビューを飾ったほか、現在は音楽ユニット「1966カルテット」のメンバーとしても活躍している。