メーカー別 繊維ニュース

機構と人事/帝人

2020年03月31日(Tue曜日) 午後1時10分

 帝人(4月1日付)

〔機構改革〕

 【マテリアル事業統轄配下】(1)マテリアル事業戦略企画部門配下に「新事業企画管理部」を新設する(2)マテリアル事業統轄直下組織の「マテリアル事業人事部」、マテリアル事業グループ直下組織の「北陸営業所」について、マテリアル事業統轄下のマテリアル事業戦略企画管理部門配下に設置する

【複合成形材料事業本部】(1)「ジーエイチクラフト」を複合成形材料営業部の管轄下に編入する(2)品質保証・コンプライアンス部配下の「輸出審査・CSR課」を「輸出管理・CSR課」に改称する

〔人事異動〕兼グローバル戦略管掌補佐〈海外拠点連携担当〉 マテリアル事業戦略企画部門樹脂事業管理部長 山本学▽マテリアル事業戦略企画部門新事業企画管理部長(モビリティ部門調査・企画チーム)マテリアル事業戦略企画部門 安部人史▽複合成形材料事業本部複合成形材料生産部コンポジット工場長(複合成形材料事業本部複合成形材料生産部コンポジット工場)森一立▽同本部複合成形材料営業部副部長兼複合成形材料営業部オートモーティブ営業課長(同本部複合材料技術開発センター)清水浩之▽兼マテリアル技術本部情報分析班長 マテリアル技術本部長補佐〈技術企画担当〉兼マテリアル技術本部マテリアル技術企画部長 上野山雅樹▽マテリアル新事業部門ソリューション2・0室長(マテリアル新事業部門ソリューション2・0)テイジン・アラミド ゲルベン・デ・ブリー▽炭素繊維事業本部生産部耐炎繊維工場長(複合成形材料事業本部複合成形材料生産部コンポジット工場)島文陵▽同本部品質保証・コンプライアンス部グローバル品質保証課長(炭素繊維事業本部品質保証・コンプライアンス部グローバル品質保証課)五島隆

 帝人フロンティア(4月1日付)

〔機構改革〕

 【財経本部業務管理部】東京支社に「東京第二課」を新設し、同部配下の現「東京課」を「東京第一課」に改称する

【衣料第一本部】(1)東京衣料第一部第二課のメンズ・レディス・ニットの三つの商権を、東京衣料第一部、東京衣料第二部に移管の上で再編する(2)現東京衣料第一部「第二課」を廃止し、現東京衣料第一部「第三課」を、新東京衣料第一部「第二課」に改称する(3)テキスタイル第二部「第三課」と同部「第四課」を統合し、新テキスタイル第二部「第三課」とする(4)衣料開発推進室の配下の「ラフィナン販売推進グループ」に、テキスタイル第二部で有するインナー事業を統合の上、新たな課相当組織「インナー・ラフィナン推進グループ」とする(5)衣料開発推進室の配下に、課相当組織「ファッションソリューション推進グループ」を新設し、新規プロジェクトを集約する

【繊維資材第一本部繊維資材第一部】繊維資材第一部配下の「東京キャンバス資材課」と「かるてんグループ」を統合し、新「東京キャンバス資材課」とする。繊維資材第一部は「大阪キャンバス資材課」と「東京キャンバス資材課」の2課体制とする

【生活資材本部】(1)「生活資材本部」を「生活製品本部」に改称する(2)「インテリア部」を「ライフスタイル第二部」に改称する(3)「インテリア部インテリア第一課」は、カーテン事業を同部「インテリア第二課」に移管し、ライフスタイル部ライフスタイル課の床資材事業を編入する。これに伴い、名称をライフスタイル第二部「ウォール&フロアリング課」に改称する(4)インテリア部「インテリア第二課」は、現インテリア第一課のカーテン事業を編入の上、名称を「インテリアファブリック課」に改称する(5)「ライフスタイル部」を「ライフスタイル第一部」に改称する(6)「ライフスタイル部ライフスタイル課」は、床資材事業を新「ライフスタイル第二部ウォール&フロアリング課」に移管する。その上で「ライフスタイル部ライフスタイル課」は「ライフスタイル部製品第一課」に改称する(7)機能資材本部から機能資材第二部アメニティ課の製品事業を編入し、新「ライフスタイル第一部」の配下に配置。名称を「製品第二課」とする

【機能資材本部】(1)機能資材第二部アメニティ課の構造体事業を、同部「機能不織布・製品課」に編入する(2)構造体事業を移管後のアメニティ課の製品事業を、現生活資材本部に移管し、新「生活製品本部ライフスタイル第一部製品第二課」とする(3)機能資材第二部は、3課体制から、「フィルター製品課」と「機能不織布・製品課」からなる2課体制に移行する

【短繊維素材本部】(1)短繊維素材第一部短繊維素材第二課の衛材・車輌内装事業を、同部「短繊維素材第一課」に移管する(2)短繊維素材第一部グローバルオペレーション課の生産・バランス管理業務を分割し、「短繊維素材第一部短繊維素材第一課」および「短繊維素材第二部スペシャリティペーパー課」に移管。その上で「短繊維素材第一部グローバルオペレーション課」を廃止する(3)再編後の短繊維素材第一部「短繊維素材第一課」を「原綿課」に、短繊維素材第一部「短繊維素材第二課」を「不織布課」に、短繊維素材第二部「スペシャリティペーパー課」を「SC課」に改称する(4)短繊維素材第二部の配下に新たに「市場開発課」を設置し、スペシャリティペーパー課から湿式不織布の開発および新規用途の探索業務を移管する