中国工業企業の20年1~2月利潤総額/99年以来最低の約4割減/繊維6割減と落ち込み突出

2020年03月31日(Tue曜日) 午後1時19分

 【上海支局】中国国家統計局によると、全国規模以上工業企業の2020年1~2月利潤総額(税引き前利益に相当)は4107億元で、前年同期に比べ38・3%減った。1999年以来最大の落ち込みで、下落率は19年1~12月に比べ、35ポイントも拡大した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、工場の再稼働が遅れた影響を受けた。

 電子(87・0%)や自動車(79・6%減)とともに、繊維関係の利潤総額の落ち込みが目立った。繊維業は41億元で59・3%減、化学繊維製造業は4億元で74・5%減、衣類・服飾業は55億元で42・1%減となった。下落率は19年1~12月に比べ、それぞれ48・4ポイント、54・7ポイント、32・3ポイント拡大した。