メーカー別 繊維ニュース

ガウン・フェイスシールドを供給 新型コロナ感染拡大を防止/三菱ケミカル

2020年05月14日(Thu曜日) 午前11時15分

 三菱ケミカルは新型コロナウイルス感染拡大に伴う医療現場での物資不足解消を支援するため、プラスチックガウン、フェイスシールドを開発し、子会社ジェイフィルム(東京都千代田区)に供給体制を整備した。

 厚生労働省の指導に基づきポリエチレン製の雨合羽を改良し同ガウンを開発。袖口に親指を通す穴をあけ袖捲れを防止する機能をもたせたほか、背面にミシン目加工を施し容易に脱ぐことができる仕様とした。

 フェイスシールドは食品包装トレー用のポリエステルシート製造技術と化粧品ケース加工で培った折り曲げ罫線付与技術を応用した製品で、優れた透明性、曇り防止機能をもたせた。

 月産能力は同ガウンが2万枚、フェイスシールドが40万枚。5月初旬から一部の医療機関へ寄付しており、中旬から厚生労働省や一般の医療機関へも供給する。

 同社は新型コロナの感染拡大防止に貢献する製品としてアクリル樹脂板「アクリライト」、透明性フィルム「KTF」を展開しており、これらでも十分な供給体制を整えていくとしている。