どうなる?国産レーヨン 国際競争さらに激化か

2020年05月15日(Fri曜日)

オーミケンシは13日、2020年9月末までにレーヨン短繊維・紡績糸の生産とテキスタイル事業から撤退すると発表した。国産レーヨンの生産はこれまで同社とダイワボウレーヨンの2社体制だったが、その一角が撤退することから業界に激震が走る。国産レーヨンの供給が減少することで市場でのプレゼンスを失い、輸入わたとの国際競争が一段と激化する懸念も出てきた。