リサイクルPETを今年増産/台湾 遠東新世紀

2020年05月21日(Thu曜日) 午後1時21分

 台湾繊維大手の遠東新世紀(ファーイースタン・ニューセンチュリー)はこのほど、リサイクルPET樹脂の今年の生産能力が、前年比2割増の50万トン以上になるとの予測を示した。投資を進めて各拠点の生産能力を引き上げる。中国時報が伝えた。

 同社はリサイクルPET樹脂の主な生産拠点を台湾、日本、米国に置く。生産能力を引き上げるため、直近1年で各国・地域の拠点への投資を加速しており、米国では合併・買収(M&A)も行っている。

 遠東新世紀のPET樹脂の年産能力は昨年末時点で、世界2位の40万3千トンに上る。将来的には東南アジアでの投資も視野に入れている。

 同社は米飲料大手コカ・コーラや米スポーツ用品大手ナイキ、ドイツ・アディダスなどを顧客に持つ。

〔NNA〕