中国製のタイヤ用繊維、AD関税延長/インド

2020年06月19日(Fri曜日) 午後1時23分

 インド財務省は、中国から輸入される「ナイロン製タイヤコードファブリック(NTCF)」に課している反ダンピング(AD)関税の適用期間を12月まで半年間延長した。「ビジネス・ライン(電子版)」が13日に伝えた。

 NTFCはタイヤの補強に使われる産業用繊維。中国からの輸入品に直近で関税が導入されたのは2015年6月で、金額は1キロ当たり0・52~1・1ドル、適用期間は5年間だった。

 適用期間が終わりに近づいていたことから、インドの商工省が継続の必要性の有無を調査していた。

 03年以降、中国から輸入されるNTCFはインドで繰り返しダンピングの有無に関する調査や関税発動の対象となっている。

〔NNA〕