メーカー別 繊維ニュース

ダイワボウレーヨン/ケルハイムファイバーズと協力/需要家のBCP要求に対応

2020年06月30日(Tue曜日) 午後1時6分

 ダイワボウレーヨンはこのほど、ドイツの特殊ビスコースレーヨンメーカーであるケルハイムファイバーズと協力体制をとることになった。先進国のレーヨンメーカーが減少する中、日欧メーカーが連携することで需要家の事業継続計画(BCP)要求に対する信頼感を高めることが狙い。

 両社は今後、レーヨン原綿の相互供給などで協力体制を敷くことによってユーザーへの安定供給など信頼感を高めることを目指す。環境配慮に関する情報交換や技術交流にも取り組み、商品開発や製造プロセスの革新などを通じて環境パフォーマンス(環境業績)の向上を目指す。

 ケルハイムファイバーズは特殊ビスコースレーヨンの有力メーカーであり、タンポンなど衛生資材向けを得意とする。年間約9万トンを生産し、衣料、衛生・医療製品、不織布、特殊紙まで多様な用途で豊富な実績を持つ。