メーカー別 繊維ニュース

帝人フロンティア/環境戦略を設定/3テーマで目標定める

2020年07月06日(Mon曜日) 午後1時16分

 帝人フロンティアは環境戦略を設定した。環境活動指針「THINK ECO(シンクエコ)」を発展した戦略で、テーマを従来の七つから三つに集約し、ロゴも刷新した。3テーマにはそれぞれ2030年度を着地点にした重点目標を定めており、リサイクル原料の積極活用などに取り組む。

 活動指針では(1)リサイクルの推進(2)環境汚染物質排出低減(3)オーガニックコットンの活用(4)植物由来原料の使用(5)省エネ貢献型製品(6)有害化学物質使用低減(7)気候変動への適応――を掲げた。新戦略では「素材からエコにこだわろう。」「きれいな空気と海を守ろう。」「省エネな毎日を送ろう。」の3テーマでくくり直した。

 「素材からエコにこだわろう。」では、限りのある資源の節約のためにリサイクル原料を積極的に用いていくほか、自然界にあるものを生かした素材を開発する。これにより30年度には売上高に占めるリサイクル原料使用の比率を50%以上に、植物由来原料比率も10%以上に高める。

 同社のポリエステル素材は全てリサイクル原料の適用が可能で、独自の高付加価値化によって商品をグレードアップする。植物由来の原料を使用しているPTT(ポリトリメチレン・テレフタレート)繊維「ソロテックス」や紡毛調生地「プラントペット」の植物由来原料比率の向上などにも取り組む。

 リサイクル関連では、ペットボトルからのリサイクル繊維として1995年に販売を始めた「エコペット」を、25周年を機にリブランディングを実施する。

 「きれいな空気と海を守ろう。」では環境負荷物質の使用や排出を抑制するとともに、海洋プラスチック対策商品を拡大し、奇麗な環境を守る商品を100%にする(30年度)。「省エネな毎日を送ろう。」では生産工程の省エネ化や節水化などを追求し、“モノ作りが省エネ”な商品を100%化(同)する。