2020夏季総合特集③

2020年07月22日(Wed曜日)

コロナショックに負けない

国内生産継続のボトルネックを解消する

 国内産地で長期間稼働する機器には保守部品の供給不安の問題がつきまとう。一部の部品が修理、調達できなくなることで機器全体が使えなくなることもままある。それを自分たちで解決する取り組みが高野口産地(和歌山県橋本市)を中心に実を結びつつある。取り組みを進めた妙中パイル織物の妙中清剛社長にこれまでの経緯を聞いた。