タイ発のファッションに注目/「ウィシャラウィッシュ」が期間限定店

2020年07月28日(Tue曜日) 午後1時24分

 東京のファッションウィークで継続的にショーを実施しているタイ発の婦人ブランド「ウィシャラウィッシュ」は27日、コンセント・パリ・アッシュ・ペー・フランス銀座店(東京都中央区)に期間限定店を開設した。ハンドワークのテクニックやタイのテキスタイルを採用したドレスなどを提案。オープン期間は8月7日まで。

 デザイナーのウィシャラウィッシュ・アカラサンティスック氏は、タイの国立大学を卒業後に渡仏。フランスでファッションデザインを学び、改めてタイの伝統工芸や素材の美しさに引かれたと言う。帰国後の2010年に自身のブランドを創業した。

 後継者不足で継承が難しいとされる同国の技法や加工を積極的に採用し、現代的なファッションに取り入れている。幾何学的なパターンを使ったドレスやシャツを並べるほか、タイ産シルクを使った単品も得意としている。新しい伝統工芸の形を探るスタンスで、若年層を意識した商品も展開している。

 タイ国内のトップデザイナーとして、セレブや富裕層を顧客に持つ。タイのファッションデザイナーは急速にデザイン力を高めており、さらに日本の有力セレクトショップが取り扱うことで、タイ人デザイナーの認知度が上がることも予想される。