中国の縫製機械輸出入/1~5月輸出は2割減/トルコのみ増勢

2020年07月29日(Wed曜日) 午後1時24分

 【上海支局】中国縫製機械協会のまとめによると、中国縫製機械の2020年1~5月輸出額は7億6600万ドルで前年同期に比べ22・1%減った。上位10カ国・地域で前年同期超えはトルコのみだった。輸入額は、前工程・後工程設備がけん引し、2割弱増えた。

 縫製機械のアイテム別1~5月輸出額は、工業用ミシンが3億8600万ドル、家庭用ミシンが6147万ドルで、それぞれで22・2%、12・8%減だった。前工程・後工程設備は1億3400万ドル、刺しゅう機は6822万ドル、部品は1億1600万ドルで、各9・8%、44・3%、20・2%減った。

 国別輸出額は、上位10カ国のうち9カ国が前年同期を下回った。一位のベトナムは27・3%減った。トルコのみ73%増えた。

 1~5月輸入額は、19・7%増の3億7655万ドルだった。アイテム別では前工程・後工程設備が3億1701万ドルで4割増え、全体の伸びに貢献した。工業用ミシンは2956万ドル、家庭用ミシンは261万ドルで、各40・9%、24・9%減った。刺しゅう機は187万ドル、部品は2549万ドルで、それぞれ39・5%、22・2%減った。