全国テキスタイル産地Ⅱ

2020年07月31日(Fri曜日)

コロナ禍でも前を向いて

繊維機械の販売も新型コロナウイルス禍の影響を大きく受けている。先の状況が読めない中でユーザーの設備投資は様子見となり、進めていた案件が中止・延期になるケースも見られる。緊急事態宣言下の出張自粛で今春の商談は思うように進められず、上海で今秋に予定されていたITMAアジアも来年に延期されるなど新しい提案の場も限られている。このような中、繊維機械メーカーは次に向けた開発に注力するとともに、日本での技術サービスの向上などユーザーとの関係を強めるための新たな取り組みを検討している。