メーカー別 繊維ニュース

SCOシートで受賞 ディスプレイ学会から/東レ

2020年08月11日(Tue曜日) 午後1時16分

 東レの液晶ディスプレー用部材「スペクトラム コンバージョン バイオーガニック フォスファー シート」(SCOシート)がこのほど国際情報ディスプレイ学会の〝ディスプレイ インダストリー アワード:ディスプレイ コンポーネント オブ ザ イヤー〟を受賞した。

 同社は有機EL用発光材料開発で培ってきた分子設計、合成、精製技術を活用し、従来の無機蛍光体に対しシャープな発光スペクトルを示す高色純度の赤色、緑色の有機発光材料を開発してきた。

 有機発光材料の耐久性向上が課題だったが、独自の発光材料分子設計により、実用化に耐えうる耐久性の確保に成功した。

 これらを用いて開発した液晶ディスプレーの高色域化に貢献できるSCOシートはDCI規格と呼ばれる色域規格、Adobe規格と呼ばれる色域規格のカバー率でどちらも99%以上の両立が可能という。

 その結果、従来のディスプレーに比べより鮮やかな表示が可能となり、有機材料で構成されているため、重金属のような毒性元素を含まない環境に優しいディスプレー部材となった。