インド/衣料通販のミントラ/中東で自社ブランド販売

2020年08月14日(Fri曜日) 午後1時32分

 衣料・服飾品に特化したインドのインターネット通販大手ミントラは、中東で自社ブランド(PB)のカジュアルウエアやスポーツウエアの販売を開始したことを明らかにした。新型コロナウイルス禍を受けて拡大している電子商取引(EC)需要を取り込む。「エコノミック・タイムズ(電子版)」が伝えた。

 アラブ首長国連邦(UAE)の複合企業(コングロマリット)エマール・グループ傘下のECプラットフォーム「ヌーン」「ナムシ」と提携し、それぞれに500品目を投入する予定。

 ヌーンはファッションのほか、複数カテゴリーの製品を提供しており、「ドレスベリー」や「マスト&ハーバー」といったミントラのPB製品を販売。ナムシは高級ファッションに重点を置いたサイトで、今後数週間で「HRX」などのブランドの製品を発売する見通しだ。

 ミントラは、新型コロナ禍でインターネット通販を利用する消費者が増える中、PBを海外展開するのに適した時期だと判断。中東のEC市場は収益性が高いことに加え、今後3~4年で3倍に成長すると見込む。

〔NNA〕