中国レディースの拉夏貝爾/ネット通販を取引先に譲渡/未払い金16億元解消狙いか

2020年09月09日(Wed曜日) 午後1時22分

 【上海支局】レディースブランド「ラ・シャベル」を運営する上海拉夏貝爾服飾はこのほど、ネット通販サイトの販売ライセンスを、製品サプライヤーや加盟店などの取引先に譲渡すると発表した。同ブランドのネット通販サイトで販売される製品は今後、同社を通さず、製品サプライヤーなどがラ・シャベルの商標を付け、販売することになる。

 現地メディアによると、同社は縫製工場などの製品サプライヤーへの未払い金が約16億元あり、多数の訴訟を起こされている。今回のネット通販のライセンス譲渡は、未払金問題に対応した苦肉の策とみられる。