アダストリア/「ニコアンド」中国2号店/上海で12月オープン

2020年09月10日(Thu曜日) 午後1時18分

 カジュアルファッションチェーン大手のアダストリアは8日、傘下のブランド「ニコアンド」の中国2号店を上海市中心部の繁華街「南京西路」で12月開業すると発表した。昨年12月に上海で開業した1号店が好調なことから出店を加速させる。

 2号店ではレディース、メンズアパレルや生活雑貨を取り扱う。店舗限定アイテムなど、現地で企画した商品も取りそろえる。店舗は2階建てで、売り場面積は約1500平方メートル。コーヒーラウンジも併設する予定。

 昨年12月に市中心部の商圏「淮海路」エリアで開業した1号店はオープン以降、連日約3万人が来店するなど盛況が続いた。同社の広報担当者によると、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2~3月には来店客数が大きく落ち込んだものの、4月以降は回復しているという。

 同広報担当者は、若者を中心に人気を集める要因として「洋服だけでなく、雑貨や飲食などライフスタイルを提案している点が好評と考えている」と話した。今後も上海を含む「1級都市」と呼ばれる大都市への出店を検討していると明らかにした。

 ニコアンドは20~30代の男女向けのブランドで、海外では中国、香港、韓国、台湾に出店している。〔NNA〕