ヤギ 悪環境下でも前向きに

2020年09月14日(Mon曜日)

ヤギの糸・生地事業は新型コロナウイルス禍で産地やアパレルの生産量が落ち込むのに伴って苦戦を強いられているが、馬渡武継取締役営業第一本部長は「将来の柱となり得るような芽が出てきている」と前向きなマインドを強調する。