ごえんぼう

2020年09月16日(Wed曜日)

「20秋冬は地方の人が来られず、着用動画を送ってメールでやり取り」「自社展を来週から開始。マスクのネット販売が入り口になり顧客が増えそう」。最近の中小アパレルの商談である▼コロナ禍はさまざまな常識を裏切った。首都圏中心に販売してきた企業が苦戦し、地方の専門店向けが好調という結果もその一つ。急場しのぎのネット通販のマスクが本業より人気になっている▼布マスクでも清潔感のある白は汚れが目立ち、黒には抵抗感を持つ人がいる。「汚れが目立たないグレーが一番売れた」というアパレルも。「デーリーユースの定番品の伸びがいい」という声もある。消費者が「買いたい」と思うツボにも変化がある▼9月も中旬。「女心と秋の空」ではないが、消費者心理は移り気だ。この女心も、江戸時代は「男心と秋の空」といい、本来は既婚男性の浮気心を指した。コロナ後、女心と男心は、どう変わっていくか。