メーカー別 繊維ニュース

オンワード樫山「アンエバー」/雑貨の新ブランド開発/森永邦彦氏との協業で

2020年10月01日(Thu曜日) 午後1時17分

 オンワード樫山はデザイナーの森永邦彦氏と協業し、新規ブランド開発プロジェクトとしてバッグ・アクセサリーの新ブランド「アンエバー」を来年3月上旬に発売する。

 同社は雑貨カテゴリーとD2Cビジネスの強化・拡大に向けて森永氏と協業し、樹脂の中に花を閉じ込めたパーツをアイコンにしたバッグ・アクセサリーラインを展開する。

 アクリル樹脂の中にドライフラワーを散りばめるため、同じデザインのものはない。一点物でも、量産品でもない存在である。花柄は2次元だが、本物を閉じ込めたことで、3次元の花柄となった。季節によって、中に入れる花は変化する。

 森永氏は9月29日に自身の「アンリアレイジ」21春夏コレクションをデジタル形式で配信した。その中でバッグ・アクセサリーラインとしてアンエバーのファーストコレクションがデビューした。

 販売はグループ公式ファッション通販サイト「オンワード・クローゼット」を中心としたネット通販と国内外の卸売ビジネスを主軸にし、来年3月上旬にスタート。アンリアレイジのショップ、ネット通販でも同時期から発売する。

 バッグで6千~15万円、アクセサリーで2千~7千円。