メーカー別 繊維ニュース

帝人フロンティア/珪藻土の構造から生地開発/乾燥時間が40%短縮

2020年10月09日(Fri曜日) 午後1時20分

 帝人フロンティアはバスマットなどに利用される珪藻土の微細な構造から着想を得て開発した高吸水・速乾生地「ラッカン」を21春夏からカジュアル衣料向けのプロモート生地として投入する。

 加工で膨らみを増す複合糸を経糸に、伸縮する糸を緯糸に使い設計した織物構造により生地表面に微細な凸凹を発現させる。

 この構造によって優れた吸水性、速乾性、洗濯耐久性が得られると言う。乾燥時間を通常のポリエステルよりも40%短縮できるほか、洗濯50回後も吸汗速乾性を維持する。天然繊維調のナチュラルな外観、適度なストレッチ性も特徴となっている。

 21春夏からファッション衣料を中心に販売し、2020年度で5万メートル、22年度で50万メートルの販売を計画する。