LIVING-BIZ   Vol.63

2020年10月16日(Fri曜日)

羽毛ふとん ~20秋冬の原毛・商品・販売戦略を追う~

20秋冬の羽毛ふとんの販売見通しは厳しい。19秋冬の持ち越し在庫過多とともに、新型コロナウイルス禍による先行きの不透明さから仕込み量を抑える傾向がある。一方、冬の気温低下が見込まれ、天候要因がプラスに働く可能性がある。販売チャネル別では、羽毛原料価格の下振れに対応したネット通販の価格攻勢が強まりそうだ。

 多くの羽毛原料メーカーの2020年の販売量は、前年比10~20%程度の減少を見込む。