ディスカバーリンクせとうち ユニフォーム再生PJ発足

2020年10月17日(Sat曜日)

「尾道デニムプロジェクト」など、地域活性化事業を行うディスカバーリンクせとうち(広島県福山市)はこのほど、モノ作りの現場で着用された後、役目を終えたユニフォームを再利用した素材を使って新たな製品としてよみがえらせる「リクロー」プロジェクト(PJ)を発足した。同PJを通じて、産地型サーキュラーエコノミー(循環型経済)のプラットフォームになることを目指す。