インド・フリップカート/ビルラの衣料販売事業に出資

2020年11月02日(Mon曜日) 午後1時21分

 インドのインターネット通販大手フリップカートは、複合企業(コングロマリット)アディティヤ・ビルラ・グループの傘下で衣料品の販売を手掛けるアディティヤ・ビルラ・ファッション・アンド・リテール(ABFRL)に150億¥文字(G0-ACB2)(約210億円)を出資する方向だ。

 取締役会が出資の受け入れを承認したと、ABFRLから10月23日に発表があった。ABFRLは私募方式でフリップカートに新株を割り当てる。取引の完了後、フリップカートの出資比率は7・8%となる。フリップカートには、ABFRLの将来的な株式の売却に関する優先交渉権なども付与される。

 ABFRLは「パンタルーンズ」のブランドで衣料品の小売り事業を展開。「ルイ・フィリップ」や「バン・ヒューゼン」といったブランドの製品を扱っている。発表によると、資金は財務基盤の強化と事業の拡大に充てられる見通しだ。[NNA]