伊藤忠繊維貿易〈中国〉/「レニュー」の中国内販拡大/OEM/ODMの重点商材に

2020年11月16日(Mon曜日) 午後1時20分

 伊藤忠繊維貿易〈中国〉(ITS)が、伊藤忠商事独自のケミカルリサイクルポリエステル「レニュー」の中国内販を拡大している。レニューを始めとするサステイナブル素材が、地場と欧州のスポーツブランド向けを主力とする製品OEM/ODMの重点商材になっている。

 ITSは、伊藤忠グループの出資・提携先への素材一貫のOEM/ODMを拡大している。その客先から、サステイナブル素材への引き合いが強まっている。中でもレニューが好調だ。「話題性が先行したが、実商売につながってきている」と三村剛董事長は話す。

 OEM/ODMは上半期(4~9月)、地場スポーツブランド向けが好調を維持した。下半期は、新型コロナウイルス禍の影響を受ける欧米ブランド向けが芳しくない一方、地場ブランド向けは好調を維持する見通しだ。

 来年も差別化したサステイナブル素材を切り口に、競争力のあるブランドや出資・提携先との取り組みをさらに強化していく。