播州織総合素材展2021 (10)

2020年11月17日(Tue曜日)

ジャカードの可能性追求    丸萬

 丸萬(兵庫県西脇市)は1901年設立で産地の産元でも最古参の1社。高級服地が主力で国内婦人ブランドのほか、ジャカード素材で著名デザイナーズブランドからの信頼も厚い。キュプラ、和紙など複合素材も扱う。自社製品ブランドに「ポルス」「ママージュ」がある。生地のネット販売も手掛ける。

■ コットン・シルク・キュプラジャカード

 まるでプリント生地と見間違うほど繊細なテキスタイル。複雑な模様は、経糸の綿と緯糸に使った6色の絹とキュプラの交織で表現した織柄。元のデザインとなるグラフィックさえあれば、どんな色も繊細な質感も忠実に再現できる技術を持つ。

■ コットン・シルクEFジャカード

 経糸に綿、緯糸に絹を使うカットジャカード。薄手の無地部分とやや太目の糸をカラフルに使った厚手部分が、一枚の布地に同居する個性的なデザイン。緯糸をそのままフリンジとして見せる遊び心も魅力。洋服だけにとどまらず、寝装品やインテリア、雑貨などジャカード織が持つ可能性をあらゆるフィールドに提案する。(おわり)