JP-MIRAI 外国人労働者問題最小化へ

2020年11月18日(Wed曜日)

 外国人労働者問題を解決する「責任ある外国人労働者受け入れプラットフォーム」(JP-MIRAI)が16日に設立された。41の企業・団体と12の個人が加盟して発足し、分科会も設置した。企業や学識者などの全てのステークホルダーに参加を呼び掛けて活動を広げ、2030年に外国人労働者の人権・社会問題の最小化を目指す。