メーカー別 繊維ニュース

オンワード樫山「ハッシュ ニュアンス」/顧客の声を共感に/セレモニースタイルも

2020年12月07日(Mon曜日) 午後1時10分

 オンワード樫山の変化する消費者の生活に焦点を当てたD2Cプロジェクトの新ブランド「ハッシュ ニュアンス」は白シャツをキーアイテムに、9月から公式ファッション通販サイト「オンワード・クローゼット」で販売を開始、好調なスタートを切っている。21春夏は新たにセレモニースタイルを展開するなどバリエーションを広げる。

 同社は20代中心の女性社員による次世代のプロジェクトチームを設置。“共感”をキーワードに、働く女性が本当に求める服を提案する。

 白シャツは綿100%で2種類、ポリエステル綿で1種類の生地を備蓄し、2週間で生産する。データを見ながら追加生産し、在庫を持たないモノ作りを目指す。生産地は中国とベトナムがメイン。イージーケア、着心地やフォルムを追求し、顧客のリアルな声を反映させた多様性のあるデザインが特徴である。

 21春夏も白シャツをメインに、カラーシャツではマニッシュなネービーロンドンストライプ、ブルーやスモーキーグリーンなど7色を提案。ホールガーメントのニット、カラーバリエーションがあり女性の体を美しく見せるカッティングを施したワンピースも展開する。

 ハレの日に加え、普段着としても使えるセレモニースタイルも打ち出す。シャツをベースに、ワンピース見えするセットアップのスカート、華やかなニット布帛コンビネーションのトップスなどもそろえる。

 価格はシャツで9千~1万2千円、ニットで6千~1万円、ワンピースで1万5千円前後。