ベトナム/韓国製織布使用の製品 EU向け輸出が可能に

2020年12月21日(Mon曜日) 午後1時24分

 ベトナムのチャン・トゥアン・アイン商工相と韓国のソン・ユンモ産業通商資源相はこのほど、韓国の繊維製品の「累積原産地」に関する合意を締結した。ベトナム企業は、韓国製の高品質織布で繊維製品を生産し欧州連合(EU)市場に輸出できるようになる。「ダウトゥ電子版」が報じた。

 EU市場は年に2500億米ドル以上の繊維製品を輸入している、2019年のベトナムのEU向け繊維製品輸出額は43億ドルにとどまり、発展の余地が大きい。経済専門家は、ベトナムとEUの自由貿易協定(EVFTA)の発効が輸出額を押し上げるとみている。

 ただ、EVFTAの恩恵を享受するためには、品質や原産地に関する厳しい条件を満たす必要がある。繊維製品の場合、EU域内から輸入した織布以上の原材料を使用してベトナムまたはEU加盟国で生産することとの条件がある。ベトナムはEU以外の国から大半の原材料を輸入しているため、累積原産地規則を韓国の織布に適用する条項を協定に盛り込んでいた。[NNA]