繊維街道 私の道中記 栗山縫製社長 栗山 泰充 氏(3)

2020年12月23日(Wed曜日)

みんな楽しくないだろうな

 栗山は、取引のあるアパレル会社のパタンナーに誘われ、自己啓発セミナーに参加する。

 参加したのは、この人の言うことを聞いておけば仕事をもらえるだろうと思ったからです。毎週1回のセミナーに1年ぐらい通いました。話を聞いているうちに、借金を返すために働いてもらっている従業員も、借金を返すための私の話を聞いているお客さんも、みんな楽しくないだろうなと初めて思ったのです。

   セミナーへの参加は、栗山のその後を変える出会いをもたらした。

 セミナー仲間が、当時タカキューの社長だった出口光さんを紹介してくれました。出口さんも東京のセミナーに参加しておられ、講師も務めたりしていました。それで東京へ会いに行きました。

   栗山は、出口が創設した一般社団法人、「メキキの会」に入会する。志を共有し、「氣脈」を広げることを目的に、朝食会などを開いている会だ。

 メキキの会に参加するうちに、当社には理念が必要だと考えるようになりました。そして、「縫うを通して人の個の花を輝かす服を創る。そしてその服を創る人が輝くインフラを創る」(後に、「服」の部分を「商品」に変えた)という理念ができました。

 なぜかは分かりませんが、そんな志を持って以降、仕事がどんどん増えました。たぶん、人との接し方が変わったのだと思います。

   入社後10年で、叔父への借金を返済し終えた。ところがその頃、バブル景気が崩壊する。アパレル業界では、縫製を中国へ移そうとする動きが目立ち始めた。

 理念の実現には中国進出も必要だと考えていました。タカキューの出口さんにもそんな話をしました。すると、タカキューと伊藤忠商事、そして中国企業の3社で中国に設立した合弁縫製工場、北京高久雷蒙時装(以下、北京高久)を使えばいいじゃないかとおっしゃる。理念の実現を夢見て、栗山縫製の管理を妻と友人に委ね、私は北京に駐在することにしました。管理もしてほしいということで、肩書は董事婦人服装事業本部長でした。事実上の現場のトップです。

   タカキューは、紳士スーツの中国内販を狙って北京高久を設立した。しかし、思うように売れず、経営が悪化していた。栗山は、その建て直しも委ねられる。董事として北京高久を管理しつつ、栗山縫製向けの縫製もコントロールした。

 北京に2、3年駐在しました。日本に戻ってからも董事を兼務していました。5年間ほど、北京高久にかかわったことになります。結果は、大失敗でした。

   栗山縫製は高価格帯向けの商品を扱っていた。その縫製を、北京高久で請けたのだが、品質不良が続出する。

 私がいない間に栗山縫製はつぶれかけていました。中国から届いた商品の修理に追われたからです。不思議なのですが、中国にいる間に私の感覚がまひしていました。中国にいた時は、奇麗に仕上がったと思って出荷するのですが、日本に戻ってきてそれを見ると、とんでもないなと。加えて、営業が手薄になり、受注も減っていました。そこにバブル崩壊の波絞が重なります。

(文中敬称略)