タイ/マスクの価格を統制/クラスター発生受け

2020年12月25日(Fri曜日) 午後1時30分

 タイのチュリン副首相兼商務相は20日、使い捨て医療用マスクの価格統制を実施するとともに輸出を禁止すると明らかにした。首都バンコク西郊サムットサコン県で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生したことで、マスクの価格高騰と便乗値上げが予想されることが理由。21日付「バンコクポスト」が報じた。

 商務相顧問のマリカ氏によると、商務省が各都県の商務・通商当局にマスクの価格監視、価格統制を命じた。マスクの販売価格は1枚2・5バーツ未満にするべきであり、適正価格での販売を拒否した場合は、最高で懲役7年、罰金14万バーツ、またはその両方を科す。高値での販売を目撃した場合は、通報するよう国民に呼び掛けている。

 同省国内通商局は、マスクは十分な量を生産しており、在庫も豊富だとして、買い急ぐ必要はないと主張。チュリン氏によると、手指消毒剤も十分な在庫があるという。

[NNA]