メーカー別 繊維ニュース

旭化成「セオラス」/水島に新工場/130億円を設備投資

2021年01月19日(Tue曜日) 午後1時14分

 旭化成はこのほどマテリアル領域における添加剤事業を強化・拡大するため、水島製造所(岡山県倉敷市)に結晶セルロース「セオラス」の第2工場を新設することを決めた。

 今年9月に着工し2023年の春に竣工する。設備投資額は約130億円。

 同社は医薬品等で錠剤の賦形剤として使われるセオラスを1970年から宮崎県延岡市で生産してきた。

 主用途である医薬品錠剤向けの需要が今後も国内外で堅調に推移すると見ており、中でも独自の高機能グレード「KGグレード」、「UFグレード」は高く評価されているという。

 顧客からは原料調達リスクを軽減するため生産拠点の複数化を求められていることから、水島製造所で大幅な生産能力増強につながる今回の設備投資を行うことにした。