タイ/マスクや消毒液の価格統制維持へ、再流行で

2021年01月27日(Wed曜日) 午後1時19分

 タイの製品・サービス価格に関する中央委員会(委員長=チュリン副首相兼商務相)は13日の会議で、現行の価格統制リストの維持を決めた。新型コロナウイルス感染症の流行の第2波を受けて、需要が拡大している使い捨て医療用マスクやアルコール手指消毒剤なども引き続きリストに入れる「バンコクポスト」がこのほど報じた。

 使い捨て医療用マスク、アルコール手指消毒剤のほか、マスク原料の合成繊維、アルコール、再生紙も引き続き価格を統制する。

 チュリン氏によると、同委員会では、使い捨て医療用マスクの販売価格の上限を1枚2・5バーツ(約8・7円)にすることや、製造業者、販売業者、輸出入業者への規制の継続も決めた。これらの業者には現在、製造コスト、価格、生産量、輸出入量、在庫などの国内通商局への報告を義務付けており、500枚以上を輸出する場合は同局の事前許可取得が必要になっている。布製マスクは価格統制の対象外となっている。

 現行の価格統制リストには、50の製品、五つのサービスが入っている。

[NNA]