メーカー別 繊維ニュース

東洋紡フイルムソリューション「テオネックス」/トヨタ「MIRAI」に採用/優れた耐久性を評価

2021年02月02日(Tue曜日) 午後1時18分

 東洋紡フイルムソリューション(東京都中央区)が開発した燃料電池自動車(FCV)用燃料電池セルの封止に用いるシール材が、トヨタ自動車が昨年12月9日に発売した新型FCV「MIRAI」(写真)に採用された。

 同社が世界シェアをほぼ独占しているというポリエチレンナフタレート(PEN)フイルム「テオネックス」は高耐久・高耐熱性を特徴としており、車載用途向けの販売が拡大している。

 このほどテオネックスに独自の接着剤を塗工し精密加工を施したシール材を開発。このシール材は燃料電池セルを生産する際に、セルの構成部材を接合する用途に加えて発電面の保護・絶縁、ガス導出入形状の維持といったさまざまな機能を提供するのが特徴。

 過酷な環境下でも高い耐久性を実現し燃料電池の長期信頼性の確保に貢献することなどが評価され、このほど新型MIRAIに採用された。

 新規に開発した接着剤などの効果により部材の高速接合が可能となり、1セル当たりの生産時間を大幅に短縮できるようになった。