ベトナム2月の輸出/4.7%減の200億ドル/「繊維・衣類」6.4%減

2021年03月02日(Tue曜日) 午後1時29分

 ベトナム統計総局(GSO)が2月28日に発表した2月の輸出額(速報値)は、前年同月比4・7%減の200億ドルだった。輸入額は10・5%増の208億ドルで、貿易収支は8億ドルの赤字となっている。

 2月単月の輸出のうち、「電話・電話部品」が前年同月比34・3%減の32億ドルで最大だった。「電子・電子部品」が9・1%増の30億ドル、「機械・機械設備」が31・4%増の22億ドル、「繊維・衣類」が6・4%減の21億ドルで続いた。

 輸入品目では、「電子・電子部品」が14・7%増の52億ドルで最も大きかった。「機械・機械設備」が20・6%増の29億ドル、「電話・電話部品」が42・9%増の13億5千万ドル、「生地・織物」が5・1%増の7億5千万ドル、「鉄鋼」が13・6%増の7億ドルで続いた。

 1月の輸出額の改定値は285億4600万ドルで、速報値から8億4600万ドル増加した。輸入額は264億5900万ドルで、5900万ドル増えた。

〈1~2月の輸出は23%増〉

 1~2月の輸出額は前年同期比23・2%増の485億4600万ドルだった。輸入額は25・9%増の472億5900万ドルで、貿易収支は12億8700万ドルの黒字だった。

 輸出品目をみると、「電話・電話部品」が22・8%増の92億9900万ドルで最も大きく、「電子・電子部品」が27・3%増の68億9300万ドルでこれに続いた。このほか、「機械・機械設備」が72・6%増の54億5500万ドル、「繊維・衣類」が0・01%減の47億6100万ドルだった。

 1~2月の輸出先で最大だったのは米国で、38・2%増の142億ドル。中国は54・3%増の85億ドル、欧州連合(EU)は22・7%増の63億ドル、ASEANは6・2%増の42億ドル、韓国は16・8%増の34億ドル、日本が3%増の32億ドルだった。

 輸入品では、「電子・電子部品」が23・9%増の108億5900万ドルで最大。「機械・機械設備」が30・8%増の68億1200万ドル、「電話・電話部品」が74・6%増の36億3800万ドルで大きかった。

 輸入を国・地域別でみると、中国からの輸入が85・7%増の173億ドルで最も大きかった。韓国が6・7%増の84億ドル、ASEANが18・5%増の56億ドル、日本が0・2%減の31億ドル、EUが4・7%増の23億ドル、米国が4・1%減の21億ドルで続いた。[NNA]