繊維ニュース

豊島/マクアケに衣料品出品/消費者に素材の魅力伝える

2019年12月27日 (金曜日)

 豊島は23日、機能性素材を使った衣料品・寝具3品を、クラウドファンディングサービス「マクアケ」に出品した。クラウドファンディングを通じ、消費者に良質な製品の魅力を素材から理解してもらうのが狙い。

 「365デーズ・ウール」は、きめが細かいウルトラファインメリノウールの衣料品で、「ママトップス」(9800円)、「ベビーロンパース」(6500円)、Tシャツ(9800円)の3種類をそろえた。体温の変化に対応するメリノウールの特徴を訴求し、通年の着用を提案する。肌触りが良く、汗のにおい分子まで吸収して防臭効果も発揮する。

 「360度ストレッチパンツ」は、全方向に伸びるストレッチ性を持った独自素材を使用した。生地にハリ・コシがあり、形崩れしない。5千回の屈伸運動でも膝抜けが発生しない耐久性も備える。ビジネスとカジュアルの両方で着回しができるデザインに仕上げた。メンズ6600円、レディース5500円。

 旅行用枕「とりぴ郎」は、人間工学に基づき、就寝時にも頸椎(けいつい)のS字形を保つように設計された。圧力を分散させる三角格子構造も取り入れ、頭から首元まで優しく包み込まれる感覚をもたらす。

 素材には熱可塑性エラストマー(TPE)という台所用品や衣料器具に使われる樹脂を採用した。人体に無害で、リサイクルもできる。カバーや収納用巾着とセットで1万6千円。

 2020年1月以降は、食品廃棄物を再利用するプロジェクト「フードテキスタイル」の商品や、系列会社の豊島紡績で扱う特殊なウール原料を使用した商品を出品する。