JUKI/テックスプロセスに出展/55機種中27機が新商品

2011年04月12日 (火曜日)

 JUKIは5月24~27日に、独・フランクフルトで開催される「テックスプロセス2011」に、“成功のための新たなる切り口からのご提案”をコンセプトに、最新鋭の工業用ミシン43機種、家庭用ミシン12機種を展示する。そのうち新商品は27機種で出展機の約5割を占める。

 フランクフルト国際見本市会場ホールNo.5―1の594平方メートルという大きなスペースに、「インテリジェントソーイングシステム(ISS)」「アパレルマシン」「ニット用ミシン」「厚物用ミシン」「ジーンズ用ミシン」「家庭用ミシン」の6コーナーで構成する。

 ISSコーナーは、データ解析ソフト(IA―1)とデータ測定端末(ITシリー)から成る“縫製現場の見える化”を実現するシステム商品を紹介する。アパレルマシンコーナーでは、素材対応力やフレキシブ性に優れたアウター縫製に不可欠な最新機をラインナップ。ボトムのベルトループ付け縫製に最適で7種類の縫製パターンを備えた1本針自動ベルトループ付けミシン「AB―1351」など、新機種を多数展示する。