繊維ニュース

“衣”新時代を拓く・JIAM国際アパレルマシンショー・プレビュー(20)企業等の出展内容(5)検査機関/グローバルな体制アピール

2012年09月14日 (金曜日)

 JIAMには検査機関としてカケンテストセンター(以下カケン)、日本繊維製品品質技術センター(QTEC)、ボーケン品質評価機構(ボーケン)が出展する。国内での試験業務の需要が伸び悩むなかで、アジアでの試験・検品事業を拡大しており、JIAMは絶好のアピールの場でもある。3機関ともセミナーを開く。

 カケンはJIAM出展者、来場する内外からの参加者に広く認知してもらうことを目的に、「その先にある潜在的な依頼者開拓のきっかけをつかみ、ビジネスチャンスを広げたい」という。

 今回はとくに試験・検査のカケンと検品・検針の関係会社から成るカケングループ海外ネットワークの紹介を主体にする。カケンは中国で、上海科懇検験服務を中核に5拠点、チャイナ・プラスワンではインドネシアなど6拠点を設ける。また、国内でも海外規格試験が可能なカケン「海外規格試験室」の紹介も行う。

 さらに試験ニーズが高まっている「機能性試験」と「有害物評価試験」を紹介したパネル展示と日・英・中文パンフレットを配布する。

 QTECは、「正確・安全・安心の試験検査機関であることをアピールするとともに、アジアを中心としたグローバルな試験機関であることも訴求」する。

 アジアでは韓国、上海、青島、無錫、深セン、バングラデシュに試験センターを持つ。青島と無錫の試験センターでは中国国内販売向けの試験も可能で、来場する日本のアパレルにアピールする。無錫では羽毛組成混合率試験をはじめ、羽毛ふとん、ダウンウエアなどの羽毛製品の製品検査、耐洗濯性等の一般試験も可能だ。

 また、試験だけではなく、繊維製品や材料開発の支援も行い、アパレル、縫製工場、商社、材料メーカーのビジネスをサポートしている。

 ボーケンは機能性素材の評価方法に関するパネル(接触冷温感とUVケアの試験)やビジュアルに告知したビデオ動画(接触冷温感・吸湿発熱・吸放湿・抗菌・消臭・光触媒・吸汗速乾性など)を放映して、来場者に事業内容を分かりやすくアピールする。

 また、ボーケンのアドバイス業務課が多くの工場指導を行っている経験から、縫製工場の一層のレベルアップを図る手段の一例を提案する。「お金を掛けずに作業現場をちょっとの工夫で改善できる」というものだ。

 ボーケンは中国、韓国、台湾、インドネシアにも海外拠点を設けており、グローバルニーズにも対応する。