Cinte/22カ国・地域から460社/過去最大の規模で開催

2014年09月26日 (金曜日)

 【上海支局】「Cinteテクテキスタイルチャイナ(中国国際産業用繊維・不織布展覧会)」が24日から、上海新国際博覧センターで始まった。同センターのE5~E7の3ホールを使い、過去最大規模となる3万5000平方メートルに22カ国地域から約460社が出展している。会期はきょう26日までの3日間。

 同展は隔年開催で、2012年に開かれた前回展は2万4000平方メートルに22カ国・地域から437社が参加し、62カ国・地域の1万9066人が訪れた。

 今回展に日系企業ではダイキン工業の現地法人、大金フッ素化学〈中国〉の上海分公司が初参加。フッ素系撥水撥油剤「ユニダイン」で不織布分野のユーザー開拓を目指す。手術着などの医療・衛生用途や防護服などの安全・防護用途、さらにフィルター用途、車両用途向けに提案。環境や人体への影響が懸念されるPFOAを含まないC6タイプの商品を紹介した。