繊維ニュース

カケン上海/新ケアラベルや子供服のJIS規格解説セミナー

2015年05月11日 (月曜日)

 【上海支局】カケンの現地法人、上海科懇検験服務は4月28日に江蘇省南通市で、29日に上海市でセミナーを開催した。両日とも、午前の部に同センター京都検査所の藤原哲氏が「新ケアラベル関連JISの解説」、午後の部ではオンワードの品質管理部・CSR特命担当の山下隆氏が「子ども服の安全性に関するJIS規格制定の動向」というテーマで講演した。

 2015年3月31日付で「繊維製品品質表示規定」の一部改正が告示され、衣類等の選択表示に使用される図柄が、国際規格のものと同じになった。16年12月1日に施行される。

 また、子ども服の安全性に関するJIS規格も今年12月以降に施行される予定だ。関心の高いしゅんのテーマということと、「日本では同じ内容のセミナーは何回か開いているが、中国では初めて」(上海科懇検験服務の牟田勝広董事長)ということもあり、両日とも多くの生産管理など現場担当者が参加した。